投稿

2012の投稿を表示しています

blogspot.comからblogspot.jpへリダイレクトに伴なってソーシャル系で困った場合の対処方法

イメージ
取り急ぎ対処方法だけ書きます。

data:post.url を使われていた場所に data:post.canonicalUrl  を使うようにして下さい。こちらは xxxxx.blogspot.com のURLを返します。

これで自分で付けていた「いいね」ボタンのカウントなどは救えるはずです。

#何のこっちゃという方はすいません。

なおBloggerの標準で付いているボタンに関しては


特に何もされなくても xxxx.blogspot.com の方のURLが対象のままとなっています。


簡易メールヘッダー解析ツール

イメージ
他の人から受信したメールには差出人や本文などの他にどこを経由しているとか、どこで時間がかかっているのかなどが記録されています。この部分をメールのヘッダーと呼んでいます。メールで何か問題があった場合、ヘッダーを見ることで原因が分かることがあります。

例えばGmailのヘルプでもメールのヘッダーの見方について説明しています。

LINK: メール ヘッダーの詳しい見方 - Gmail ヘルプ



ヘッダーの内容はどこからどこへ何時といった情報が記録されているだけなのですが、ヘルプでヘッダーの見方が書かれていることから分かる通りとても見にくくなっており、見ただけで拒否反応を起こしてしまう方もいらっしゃるのではないかと思います。

今日たまたまGoogle Appsのヘルプを眺めていたら次のような「サポート ツール: 解析ログ、ヘッダー、その他」という項目があることに気が付きました。

LINK: Google Apps 管理者向け技術サポート



リンク先のページでは目的別のヘルプページへのリンクなどが掲載されています。



このページの一番最初の項目が「Message Header Analyzer」というものへのリンクになっており、ヘッダーをコピーすると少し見やすい形に直してくれるツールになっていました。

LINK: Message header analysis



テキストエリアとボタンがあるだけです。このテキストエリアに対象のメールのヘッダーコピーして貼り付けます。ヘッダーごと本文も含めてまとめてコピーして貼り付けても大丈夫です。(例えばGmailのメールのヘッダーを表示させる方法は「メールのソースを表示」などをご参照下さい)。



「ANALYSE」ボタンを押して頂くとメールヘッダーを解析して次のような形で表示してくれます。



MessageIDなどの項目を表示するほかに、経路としてメールがどこからどこへ来てどのくらい時間がかかったのかを表示してくれます。

今回はビックカメラさんから来ていたメールのヘッダーをテストに使ってみたのですが、ビックカメラさんが利用されていると思われるメールの配送業者さんのメールサーバからGmailのメールサーバへ届くのに45分ほどかかってるな、ということが分かります。



ヘッダーを分析して単に整形してくれるだけのとてもシンプルなものですが、ヘッダーを見なけれ…