2012年2月8日水曜日

Google+でちょうど500件目にコメントできてしまう問題について


Google+にAKBのメンバーの方々が参加され、それに伴なってファンの方々も多数Google+に参加されています。メンバーの方が何か投稿されると多くのがコメントを寄せられているようです。ただGoogle+の制限でコメントは500件までしか投稿できません。

最終的に500件目のコメントが残って表示され少し目立ちますのでファンの方としては500件目のコメントに投稿をされたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ただコメントが投稿されるスピードは、場合によっては1秒間に数件程度ありそうですのでちょうど500件目に投稿するのはなかなか難しいです。

ただちょうど500件目にコメントを投稿する簡単な方法が存在します。既に気が付いている方は使っているかもしれません。現状の仕組みのままではいずれ問題が起きるかと思いますので、ここでその仕組みについて解説し、コメントの仕組みの改善をGoogleさんにお願いしたいと思います。

※ 下記ではテスト用の投稿に対してテストをしていますが、実際の投稿でも一度試させて頂き確認いたしました。

まず事前にどの段階でもいいのでコメントを1つ投稿しておいて下さい。500件に達するまでであればどの時点でも構いません。



コメントが500件まで達し、既にだれも投稿しようとしない状態になるまで待ちます。


コメントが500件になっている時点でコメントを投稿するためのリンクが表示されず、新コメントは投稿できません。

誰もこの投稿に注目をしていない状態になったら、あらかじめ投稿しておいた自分のコメントを削除します。



すると、500件だったコメントが499件に変更になります。そして499件になったことで新しいコメントが投稿できるようになります。



再度コメントを投稿します。(ある程度時間が経過するのを待っていたのは、この時点で他の方が先にコメントを投稿されないようにするためです)。



新しい500件目のコメントとして表示されます。



このように誰でもすぐに出来てしまいます。恐らく500件目のコメントに特別な意味が出てくるとはGoogleさんも考えていなかったかと思いますので仕方がないのですが、コメントを削除した場合でも新しいコメントを受け付けないような変更が必要ではないでしょうか。

※ この件についてはGoogle+の左下に表示されている「ご意見・ご感想」から連絡してあります。