2010年11月2日火曜日

プレイス検索の登場が検索結果の順位に与える影響

最近の変更で地域+キーワードのような検索を行った時に、通常の検索結果の中にGoogleプレイスの情報が盛り込まれて表示されるようになりました。

Google Japan Blog: プレイス検索で、ローカル情報を素早くさがそう



通常の検索と同じように検索結果を表示しますが、検索結果で表示されるサイトがGoogleプレイスに登録情報があればその情報も合わせて表示されます。またGoogleプレイスに登録されていなければ表示されなかったサイトも検索結果として割り込まれて表示されますので、1ページ目に関しては10件ではなく13件など半端な結果数になる場合があります。

ここで気になるのがGoogleプレイスに登録しているかどうかで検索結果の順位に影響が出るかどうかです。今回それを調べるために、「http://www.google.co.jp/」と「http://www.google.com/」で検索した結果を比較してみることにしました。

この2つは地域名などが含まれなければまったく同じ検索結果を返します。



これに対して「フットサル 東京」などのように地域名が含まれる場合、「www.google.co.jp」の方はGoogleプレイスの情報が追加された形で検索結果が表示され、順位も異なって表示されます。



あくまで想像ですが「www.google.com」の方で検索した場合はGoogleプレイスが影響を与えない検索結果となり、「www.google.com」の方で検索した場合はGoogleプレイスの情報が加味された検索結果ではないかと想像しています。

この結果から分かるのは次の3つです。

1.Googleプレイスに登録が無くても、もともと10位以内にあった検索結果は一応全て表示されている。
2.Googleプレイスに登録が無くても順位が変わらないものもあるが、順位が大幅に下がるものもある。例えば「フットサルコート東京」はGoogleプレイスに登録が無いがどちらの結果でも2位。しかし同じくGoogleプレイスに登録が無い「個人参加フットサル」は3位だったものがプレイスの結果が表示終わった後の順位に大きく下降している。
3.Googleプレイスにどちらも登録されている場合、検索結果の順位が入れ替わる場合がある。例えば「東京ベイフットサルクラブ」と「フットサルポイント」はどちらもGoogleプレイスに登録されているが、順位が入れ替わって表示されています。



地域に関連したサイトについてはGoogleプレイスに登録するのは必須ですけど、Googleプレイスに登録されているサイトの間で検索順位の入れ替えが起きていることから、Googleプレイス独自の評価基準が何かしら付け加えられて検索結果の順位に反映されていると考えるのが妥当かと思います。

店舗などを運営されている方は、Googleプレイスに登録するだけでなく、プレイス内のクチコミなどが充実するようにしていかなければ駄目かもしれませんね。


なお、他にいいサンプルがないか探してみたのですが見つからなかったので今回の結果はたまたまかもしれません。またそもそも「www.google.com」と「www.google.co.jp」で比較することに意味があるのかどうかも分かりません。その点だけご了承下さい。