2010年7月19日月曜日

Gmailの標準機能で差出人毎に署名の切り替えが可能に

いつからかは分かりませんが前から要望の多かったGmailで差出人毎に署名を切り替える機能が実装されていましたのでレビューしたいと思います。まずはFromの追加方法を確認し、その後で署名を切り替える方法を確認します。


Gmailの画面の右上にある「設定」と書かれたリンクをクリックします。



設定画面の中で「アカウントとインポート」タブを開きます。



「別のアドレスからメッセージを送信」ボタンを押します。



次のようなウィンドウが表示されます。



設定するメールアドレスを指定し「次のステップ」ボタンを押します。



メール送信時に使用するSMTPサーバを指定します。今回はGmailのものを使用するようにしました。



メールアドレスの確認を行います。「確認メールを」送信ボタンを押して下さい。先ほど入力したメールアドレスへ確認コードが送られてきます。



メールに記載された確認コードを入力し「確認」ボタンを押して下さい。これで差出人の追加が完了です。



これでメールを送信する時にFromを切り替えることができるようになりました。Fromをどのように設定するかは別途設定しておいて下さい。



-------------------------------

ここからが本題です。メール作成時に選択したFromに応じて署名を変更します。「設定」画面の中で「全般」タブを開いて下さい。そして画面下へスクロールして下さい。





署名の箇所で差出人を選ぶことができます。



それぞれの差出人毎に署名を別々に設定します。





設定が完了したら画面最下部にある「設定を保存」ボタンを押して下さい。これで署名の設定は完了です。
新規メール作成時にFromを切り替えると署名も自動で変更されます。





これでより便利に使用することができるようになります。