2009年12月5日土曜日

Google日本語入力とPublic DNS

様々な無料サービスを提供し続けるGoogle社ですが、今年最後にまた意外なサービスを開始されました。

まずはGoogle版IMEであるGoogle日本語入力です。

http://www.google.com/intl/ja/ime/



現在Windows環境で使えるIMEと言えばMS-IMEかATOKくらいです。Googleのものは変換候補の表示が強いようですね。このサービスが開始されたとたんにGoogleの公式フォーラムの話題がこのサービスばかりになりましたから、かなり注目されているようです。

辞書登録したものを捨てて新しいIMEに切り替えるとなると、少し思い切りが必要なのでまだ実際には試していません。フォーラムの話題が落ち着いて安定した頃に試してみます。


そしてこちらも意外だったのですが、参照用DNSを自由に使えるように公開しました。

http://code.google.com/intl/ja/speed/public-dns/



無駄に資源を使われないように参照用DNSを公開しているところは現在ほとんどないのではと思いますが、今回高速にWebを閲覧するためという目的でこのサービスが提供されたとのこと。太っ腹ですね。さすがです。

IPアドレスが極めて覚えやすいアドレスなので、メモなどしていなくても別の参照用DNSを設定する必要が出た時にすぐに設定できます。(このIPアドレスのブロックをいつから持っていたのか興味あります)。

来年はいよいよOSでしょうか。