2008年9月11日木曜日

[雑談] 大型ハドロン衝突型加速器(LHC)の恐怖

最近サイエンス関係のニュースなどを見ていればご存知でしょうけど、スイスの地下で大型ハドロン衝突型加速器というものが稼動を開始しました。

地下約100mに設置された1周27Kmのトンネルに極低温の超電導磁石が1600台並べられているそうです。

LHC 2008
http://lhc2008.web.cern.ch/lhc2008/



果たして何を実験しているのかというと、光速まで加速させた陽子を正面衝突させ、宇宙誕生の「ビッグバン」直後の状態を再現させます。この実験により現在有力とされている宇宙に関する様々な理論を検証することが出来るそうです。

実験内容自体は夢があっていいのですが、一部の科学者はこの実験によってブラックホールが作成される可能性があると主張しています。規模にもよりますが、ブラックホールがもしも発生した場合は一瞬にして地球が飲み込まれてしまうそうです。恐ろしい話です。

危険は少ないようですけど地球の存亡に関わる話です。誰に実験の許可もらって実験を行っているのでしょうね。

もしもこれから数ヶ月の間にいきなり大きな黒い穴に吸い込まれそうになりましたら、きっとブラックホールが作成されてしまったのだと思い出して下さい。