2013年4月27日土曜日

[カテゴリ紹介] Yahoo!カスタムサーチの使い方

カスタム検索と言えばGoogleのカスタム検索を使うのが一般的ですがYahoo!JAPANでもYahoo!カスタムサーチというサービスを用意しています。今回はYahoo!カスタムサーチの使い方について解説を行いました。

LINK: Yahoo!カスタムサーチの使い方

Googleのものと違い広告が一切表示されません。サイト内検索だけで使用することもできますし、自前で作成した検索結果用ページ内にインラインフレームで検索結果を表示することもできます。検索ボックスのコードを変更して見た目を変えることもできます。

一度試してみて下さい。

2013年4月16日火曜日

日本人の「SEO」というキーワードに対する興味は2011年秋頃から下落?


Googleトレンドというサービスをご存知でしょうか。Googleであるキーワードの検索された回数の増減の推移を調べることができるツールです。

LINK: Googleトレンド 

過去にこのブログでも色々なキーワードを比較してきましたが、今回はSEO関連に関するキーワードを調べてみて興味深いデータがあったのでご紹介いたしたいと思います。なおあらかじめお断りしておきますが今回の記事には結論がありません。たまたま見かけたデータを貼り付けただけです。

まず地域を「アメリカ」キーワードを「SEO」で調べてみます。


2010年頃から平行になりつつある気もしますが増加傾向にあるように見えます。それでは同じキーワードで地域を「日本」に設定してみます。


検索回数は徐々に増加していましたが2009年頃から少し下降気味になり、そして2011年11月をもって大幅に減少に転じています。


次に地域を「アメリカ」キーワード「SEO Blog」で調べてみます。


「SEO」の場合と似ています。今度は地域を「日本」キーワードを「SEO ブログ」で調べてみます。


こちらも2011年8月頃から大きく下落していっています。

最後に地域を「アメリカ」キーワード「SEO Google」で調べてみます。


今までと同様右肩上がりです。今度は地域を「日本」キーワードを「SEO Google」で調べてみます。


こちらも2011年10月頃から大きく下落していっています。もう一つ地域を「日本」キーワードを「SEO 対策」で調べてみます。


こちらも2011年11月頃から大きく下落していっています。「SEO」で下落しているのですから関連キーワードで似たようなグラフになるのは調べるまでもなかったかもしれません。

なおGoogleトレンドが2011年頃から日本だけ仕組みが変わったというわけではありません。例えば地域を「日本」キーワードを「WordPress」で調べてみると普通(?)なグラフが表示されます。


最初にお断りした通り何か結論があるわけではありません。2011年秋から冬にかけて急激に検索される回数が減少した理由は分かりませんが、サイト運営されている人々が検索順位に関する興味が減ることは無いはずですので「SEO」ではない別のキーワードで検索を行われているのかもしれません。そのキーワードを探してみるのもいいかしれませんね。

2013年4月9日火曜日

Googleアカウントの携帯電話登録時についに日本が選択可能となりました

Googleの公式フォーラムに居る人でないとあまり興味の無い話題かもしれませんが、GoogleアカウントやGmailの再設定オプションで用意されている携帯端末の電話番号登録をする時に長い間「日本」が選択できませんでした。その為、「電話番号登録してね」というメッセージが出るのに実際は登録できない状態となっておりました。

本日確認してみたところ国で「日本」が選択可能となっており電話番号の登録が可能となっていました。


お待ちになっていた方がいれば、早速設定されてみて下さい。

また以前から使用されていた「セキュリティ保護用の質問」ですが、現時点で表示される人と表示されない人がいます。ヘルプによればセキュリティ保護用の質問は安全面で十分でないため廃止されたようです。

現在は、Google アカウントの作成にあたり、セキュリティ保護用の質問と回答を作成する必要はありません。Google では、この再設定オプションは他のオプションと比べて安全面で劣ると判断したためです。
現在表示されている人も、質問や回答を一度削除すると完全に消えてしまって二度と設定することができません。今後は携帯の電話番号と再設定用メールアドレスを使用して下さい。


再設定用メールアドレスの詳しい設定方法については下記をご参照下さい。
LINK: Gmailアカウント再設定オプションの設定

Gmailのアカウントアクティビティで少し細かい情報が表示されるようになっていた

Gmailに不正ログインがないかどうか確認する時に使用するアカウントアクティビティですが、アクセスタイプとして以前はブラウザとしか表示されていなかったのがブラウザの種別まで表示されるようになりました。


ログインした時に使用したブラウザの種別に応じて「Chrome」「Firefox」「Internet Explorer」が区別できるようになっています。

また「詳細を表示」をクリックするともう少し詳しい情報が表示されます。


詳細な情報がどんな役に立つのかはちょっと分からないのですけどね。
もしブラウザの種別が分かるようになりさえすればな、と思われている方がもしもいらっしゃったら是非一度確認されてみて下さい。

Gmailのアカウントアクティビティに関する詳細は解説は下記をご参照下さい。

2013年3月28日木曜日

BloggerにWikipediaガジェットが追加

Bloggerに新しくWikipediaガジェットが追加されました。サイドバーなどにWikipediaの検索ボックスが表示しいつでもWikipediaを検索することができるようになります。

追加されるには「ガジェットを追加」で「その他のガジェット」を表示して下さい。「ウィキペディア」というガジェットがあります。


「+」をクリックして追加すると設定画面となりますが、設定項目はタイトルだけです。任意のタイトルを付けて下さい。


Wikipedeiaガジェットが追加されたところです。検索ボックスが1つ表示されています。


では実際に検索してみます。検索ボックスに"RPM"と入力してみます。


関連するWikipediaの記事のリンクが表示されます。 該当するページが複数あれば次のように検索ボックスの下に記事へのリンクが複数表示されます。


リンクをクリックして頂くとWikipediaの該当ページが表示されます。


正直それほど便利なのかどうか分かりませんでしたが、運営されているブログの内容によっては便利なのかもしれません。ご興味のある方は一度お試し下さい。

2013年2月23日土曜日

ヘッダーをさらに縮小

前回のレイアウト変更後にしばらく様子を見ていましたが、RPMなどの悪化などは起こりませんでしたので継続して利用しています。

ただ一部のサイトではタイトル上に728x90の広告を設置したこともあり、画面に表示される割合がメインコンテンツとそうでない部分で半々になっており、ぱっと見たときに上が重い印象を持っていました。


そこで今回画面左上にあるサイトロゴの画像を簡略化することにしました。現状サイト名が表示されているだけで活用できているわけでもなく無駄にスペースを使うのはもったいない気がしたためです。

変更後は次のようになりました。


ほんの少しの変更ですが、メインコンテンツが画面の2/3となりバランスがよくなったのではないかと考えています。(結果的に、上の広告が完全に無視されやすくなってしまった気もしますが)。

あといくつかのサイトを同じように変更し、しばらく様子を見てみます。

2013年2月10日日曜日

レイアウトを少々変更

もともと160x600を置いていたところをしばらく前に300x600に変更していたのですが、160x600を残してあるサイトと比較して結果が負けている日が続くようになりました。当初ほとんどなかった300x600の画像広告も結構増えてきていたので期待していますが、私のサイトですと画像広告はCTRが高いのですけどCPCが妙に低いようです。

そこでいったん300x600を160x600に戻すことにしました。それに伴い少々レイアウトも変更したので記録として書いておきます。

変更前はこんな感じでした。(実際とは少々異なります)。


300x600を160x600にします。また合わせて検索ボックスを右上に移動させました。


またいくつかのサイトについてはより大きくレイアウトを変えてみました。記事タイトル下にあった336x280を廃止し、記事タイトルのすぐ上に728x90を設置、そして右サイドバーの縦長広告を廃止しファーストビューで半分以上見える位置に336x280を設置しました。


変更した理由はよりコンテンツ本文をファーストビューにより多く見せたいということと、より高いRPMが得られるレイアウトを探したかったからです。

以前からGoogleのページレイアウトアルゴリズム対策として、記事タイトル下にでかい広告を設置してもファーストビュー内に十分なコンテンツ本文が表示されるようヘッダー部分をなるべく小さくするようにしていましたので、以前のレイアウトのままでも特に問題があるとは思っていません。
ただ336x280を外して729x90に変更することで記事タイトルは以前よりも下がりますがファーストビュー内に表示されるコンテンツ本文は増やすことができます。自分で見た感じだけですけど変更後の方が読みやすくなっている気がしますので、ユーザー満足度は若干は上がるのではないかと期待しています。


またファーストビュー内に表示できるコンテンツを増やせたので、右サイドバーの下の方に置いてあった広告を少し上へ持ってきました。

元々前のレイアウトでも問題ないとは思っていたので、新しいレイアウトが同程度のRPMが出せなければ元に戻す予定です。(うまく行く場合でも、既存サイトのいくつかはお客さんがいるのでこのレイアウトは使えないため平行して使う予定です)。

まだ変更して数日なのですが今のところはいい結果になっているようです。目新しさが無くなった頃に比較して今後どうするか決めたいと思います。

※ 2013年2月13日
今のところはいい結果になってるようです